Schwarz's Diary
神戸の薬学生の日記。月に1回以上は書くように心がけています。 その日あった事やら趣味等色んな事を書いています。閲覧して頂くだけで結構です。コメントくださると嬉しいです。
病院実習 -近況報告- (3週目を終えて)
7月頭から始まった病院実習、もう気づけば第3週目。早いです。
実習先の環境には2週間目開始以降から大分慣れました。
ただ、周りは一応女性が多いのでとても気を遣います・・・。

実習について1つずつまた説明していきますが、
まず初めに・・・
実務実習指導管理システムと言って、実習をするにあたってプロフィールからその日のスケジュールからメールからと管理するのに色々と使える専用のツールがあります。
それを用いて、毎日毎日、実習生用のPCから日誌(言うなれば記録)を書かなければならなく、それに対してのコメントを各々の指導薬剤師の先生に書いてもらえます。
例えば、「今日は○○○でしたね、薬を覚えていく習慣をこれからつけていきましょう」とか、なんとなくそんな感じです。
今日あった事を振り返る時や、先生からのアドバイスを見るときに便利です。

実習内容は、
今、主に注射剤調剤・計数計量調剤をメインにやっています。
特に注射剤調剤はもうほぼ毎日ある感じかな。
当たり前ですが、疲れますよね。
調剤ってただ薬を取るだけでしょうって思う人も一般の方にいるかもしれないけれど、
薬を取るにしても、外観が似たようなものとか、規格(~錠10mgとかああいう表記の事を言います)が違うものとか、色は違うけどシートの色が同じものとかそういった事に神経をめちゃくちゃ尖らせてます。
下手したら、その患者さんの症状に禁忌とされてる薬を処方してしまって重大な薬剤過誤の事故に繋がりかねないからね。
指導薬剤師の先生から教えていただいた話なのですが、そういった調剤過誤を防ぐためにも、外観や名称、シートの色等が類似しているものは極力離して置いているらしいです。

例えば、下の画像のようなものとか。
錠剤の色も包装の色も似ています。こういうの同士を近いところに置いていたりすると怖い。
パッと見すごく似ているので、急な処方で急ぐ必要がある時とか、間違えてしまう恐れがある。
ちなみに、アダラートCR錠は降圧薬(血圧を下げる薬)でプルゼニド錠は緩下薬(お通じを良くする、所謂排便を促進する薬)です。
2171014G4029_004.jpg 2354003F2316_004.jpg
後、調剤室には棚がいくつもあり無数に引き出しがありますが、どこに何があるかっていうのは働いてると段々と把握できてくるらしいです。
一応、探すのに迷った時のために検索する用の帳簿(何番の棚の何列の何段に配置してあるか)が置いてあります。
病院や薬局ごとにそれぞれ配置が決められていて位置関係も異なると思いますので、今働いている所で把握できたからといって別の仕事場でそれは全く役に立たないわけですが。

また、調剤に関して、ただそのような事ばかり行っているのではなく、調剤を行う際、患者様の処方箋を見ていて時々おかしな点やこの薬の組み合わせはダメとかそういうのを発見する時があります。
少しでも疑問を抱いたら、薬を処方したお医者さんに電話で問い合わせます。
これを「疑義照会」と言います。
もし、医師による処方に明らかにおかしい所が見られたら、それを薬剤師が正すわけです。
仮に、処方に問題が無くても、確認の意味で聞くこともあります。
例えば、原則1日量6mgと決められている薬があるとします。添付文書を調べると、「適宜増減」とあります。
適宜増減というのは、最大2倍量までならOKという事です。
それが1日量9mgと処方箋に表記されている場合、一応、問い合わせなければなりません。
疑わしいと思った時点で。別に大丈夫やろとか思って油断してると、マジで重大な事故に繋がりますので。
実際に、実習が始まってから、私も現時点で2度か3度疑義照会を行いました。
4年生の時の学内実習では、医師役は先生だったのですが、実習では本物の医師なので最初は結構緊張しました。

と、まあ、こんな感じで実際の臨床現場でしか学べない事を学びながら実習しています。
ただ、のうのうと実習を受けているだけでは物足りないですので、実際に薬剤師として働いている指導薬剤師の先生方でしか知らない事やそういうのを色々と教えていただいて、経験値を積んでいこうと思います。

スポンサーサイト
病院実習
今週からついに薬学部5年生が行く病院・薬局実習のうち、病院の実習が始まりました。

実習が始まる2週間前くらいかな、大学の担当教員の先生と一緒にスーツ姿で挨拶に行ったけど、当然ガチガチに緊張してたよね。
挨拶の時は、薬剤部長とM(仮名)さんという凄く優しい人が担当だったので良かったけど、他の薬剤部スタッフもいるはずだし、実習始まるまでは内心ビクビクしてました。

初日から、家に出たあと数分経ってから財布を忘れるという大失態をおかしてしまい・・・結果、数分ミーティングに遅刻してしまって、折角これから指導して頂くのに、こんな開幕からえらいことしてしまったという申し訳無さでもうこれ終わった・・・。
と思っていたのですが、蓋を開けてみればと言うんですかね、薬剤部長から次長から色々なスタッフが皆さん兎に角優しい人で、優しいというか優しすぎる・・・いや、もう聖人といっても過言でないくらいに皆さん優しくて・・・ほんとに、こんな実習生として情けない事をしてしまったのに、気にしてないよいう位に明るく接してくださって感謝・・・圧倒的感謝です。

初日以降はほんとに反省してかなり余裕を持って家を出るようにしました。
実習先の病院にミーティングの20分くらい前には着くように。
先に書いておきますと、私以外にも実習生は2人います。
あぁ、やっぱりねと思いましたが2人とも女子です。
更衣用のロッカーが実習生でも男女振り分けられており、女子は薬剤部にあるロッカーで、男子である自分は別棟のロッカーで着替えてから薬剤部に行くシステムになってるんですが、同じ時間に着いたとしても薬剤部に入る時間のロスはこちらの方が大きいっていう。
要するに、
女子: 病院到着 → 薬剤部に入る
男子: 病院到着 → 別棟の更衣室に入って着替え → 薬剤部に入る 
こういうことです。

実習生とは言え、病院で実際に行っている薬剤師の業務のお手伝いというか、学びながらの実務(お仕事)をさせていただきますので、印鑑は常に持っておかないといけないみたいです。
勿論、メモをするためのメモ帳とペンも。
メモをするという行為は特に重要。
何故なら、自分が今日行って学んだこと・知ったことを見返せるというのが1つ。
もう1つは、実習のある日は毎日日誌に記録しなければならないので、メモをしておけば書くネタに困りにくいからです。
これは別に、どのような場所における実習でも通ずる話ですし、メモをするというのは最重要事項です。
昨日で第1週目の実習が終了したのですが、ハンコをこれでもかっていうくらい押しました。
まだ今週は注射剤調剤と計数・計量調剤しか行っていないですが、処方箋に調剤確認できたら調剤者の印鑑を押すというような感じで使用しています。
それから、注射剤調剤に関しては、PDAという機器を用いて、集計表に従い計数調剤を行わければならなく、複数規格のある薬剤に確認しましたというハンコを押すようになっています。

このように、1週目から覚えるべき事が兎に角多い!
ただ、のうのうと実習を受けているようでは、自分の成長が期待できません。
分からない事があれば、恥ずかしがらず、積極的に指導薬剤師の先生方に質問していくのが大切。
但し、上手にタイミングを見計らって聞かないと逆に邪魔をしてしまう恐れもあります。
指導薬剤師の先生方も、実習生を受け入れている以上、指導する立場で責任もって接してくれますので、実習生としてこれからも頑張っていこうと思います。



家庭用鉄拳7段位戦(オンライン戦)を始めてみての感想
今月初めに発売されたばかりの「鉄拳7」。
ストーリーモードもキャラクターエピソードも一通りクリアし、トロフィー(PS4なので)も100%コンプリートしました。
もう後やる事は、段位戦(オンライン)でひたすら上位目指して対人戦。
今年3月にサービスが終了した「鉄拳レボリューション」みたいにコンボもまともに出来ないような無敵技ぶっぱ厨が存在しなくなり、いい加減なプレイをするユーザーが圧倒的に少なくなって初段の段位からもうみんなガチ。
初段→二段→三段→武者→師範→皆伝→名人とまでは普通にやってても上がれたんですが、ここからが関門といいますか・・・獣段(餓狼→猛虎→大蛇→飛龍;別名「緑段」)になかなか上がれない!
生半可な対策では、初心者や私みたいな上級者向けのリーみたいなキャラを使ってる中級者がここを越えるのが難しい!!
後、皆伝、名人のレベルでさらに上の拳段や羅段とも互角にやりあえるような強さの人もいる。
本当にマジで。
だからといって強い人ばかりで圧倒的に負けている訳ではないけど、勝ち→負け→勝ち→→負け負け負け→勝ち→負けみたいな感じでなかなか上がれない。

実際は、キャラや他のプレイヤーさん達の腕によりけりだから、「いやいやそんな事ない!」「自分は普通にやってても獣段いけたぞ!あなたがただ弱すぎるのでは?」とか思う人もいらっしゃるかもしれませんが、私自身の視点では上記のような事を感じています。
一応、レボリューションでは修羅まで行った実力を持っています。(レボの修羅と7の修羅を同じものだと見てはいけませんが)

それぞれのキャラの特性・確定反撃・フレーム等をしっかりと覚えていかなければならないという事ですね。
空中コンボや暴れ技・奇襲技・置き技・削り等に使えるような技は一通り覚えています。
この技をガードを確認せずに出し切ると最後よけられて浮かされ恰好の餌食になるという技も大体しっています。
ただ、それだけでは一筋縄ではいかない。
本当になかなか上がれないのなら、他のキャラに変えたほうがいいのかもしれませんが、私はあくまでリーで頑張って段位を上げたいのでそういう訳にもいきません。

とりあえず技のガードされた時・ヒットした時のフレームの有利不利を覚える事から始めたほうがいいのかな?
もし何か良いアドバイスがあれば教えてくださると嬉しいです。
その中で特にリー使いの方がいらっしゃれば、ここをこうした方が良いとかそういうのを教えてくださるとなお嬉しいです。
修行あるのみ・・・。





もう6月、悪魔的6月
タイトルの通り、気が付けば6月。時間が経つのを早く感じる。
来月からは、ついに病院での実務実習が始まるわけで、まだ1ヶ月くらい先ですけど初めてなので緊張しています。
そして2週間後、その実習先の病院に担当の教員と一緒に事前に挨拶しに行くわけでして、またそれも緊張しています。
挨拶ってどんな感じなんやろ・・・様々な大学からやってきた学生がみんな集まって責任者のような人に順番に挨拶する形式なのか、単独で各々日を指定しての挨拶なのかちょっと気になりますが。
知り合いが1人も居ない環境でやっていくというのは、既に慣れているのでまだそこが自分の強みだと思います。
しかし、実習・・・やだなぁ、けどやっていくしかないもんなぁ・・・。
それに就活もしていかなあかんし、とりあえず、今月の11日(日)に大阪であるファーネット主催の大学卒業後の奨学金返還を補助してくれる企業の説明会に行ってみようかしらね。
6月入ってから、マイナビやファーネットで就職関係の情報が色々と公開されていってるけど、とりあえず今月は出来るだけ企業の情報を集めるべきか・・・。
説明会行ける日があれば極力行くつもり。
実習中は、多分手一杯やから、本格的な就活できるのは9月終わり~12月辺りかな・・・。
なんか、薬学部の就活は文系学部の子達と就活とは違うって言ってたのがわかってきたような気がする。
実習中は就活をするのが難しいみたいやから、やっぱり実習がない時期に就活するしかないんやね。
研究室の仲間も多分就活の事心配してるやろうし、適度に情報交換するのも大事なのかな。
兎に角頑張ろう。自分なりに一生懸命。




1年ぶりのニューシングル!
昨日、妖精帝國の「DISORDER」に次ぐニューシングル「flamma idola」をフラゲしてきました!
フランマ・イドラって読むのでしょうか、ラテン語なのでローマ字風にこのように読んで間違いないと思います。
日本語に訳すると、flammaは炎、idolaは偶像という意味らしいです。
ちょっとカッコイイ感じに言うと「焔(ほむら)の偶像」みたいな??
どういうコンセプトでこの名に至ったのかは、ゆい様のTwitterや別の雑誌を通したインタビュー等でまた明らかになるんじゃないかと思います。多分。

歌詞とか詳しい考察は無しで、そこは他の方に任せるとしてただ曲を聞いた率直な感想を述べていきたいと思います。
それでは、
●「flamma idola」
nanamiさん作曲で初となるタイトルチューン。
よく考えたら5人バンド制に移行してから多分初めてやと思うで。
アルギュロスでは紫煉ニキ、
使徒覚醒では同タイトルの曲が無いのでカウントしないとして、
DISORDERではたかっちょ、
そして今回のflamma idolaでnanamiさん!
曲の感想は、もう兎に角暴れ曲でイントロからグワーッと来てドドドドッっていう感じ!(こなみかん)
キャッチーでnanamiさんらしい曲で、テンポが兎に角速く妖精帝國第参楽隊の更なる進撃がこの曲に現れている感じがします!

●「天鵞絨(びろうど;ビロード)パピリオ」
たかっちょ作曲の安定の落ち着いた感じの曲。
パピリオ(Papilio)とは、ラテン語でチョウチョ(蝶)の事を指します。
これを意識したのかは分かりませんが、CDケースの後ろ側がそれを彷彿とさせるような感じがします。
ライブでは激しい曲が続いた後にちょっと休憩しましょかみたいな感じでセトリに持ってこられるような、クールダウンしましょうって感じにほんま落ち着いた曲。
天鵞絨ってフレーズなんかで出てきてたような気がしてたら、確か妖精帝國史上最も長い9分以上の曲とされるg.l.aことgothic lolita agitatorの歌詞にあったわ。
まぁ、あまり関係ないとは思いますが。オタクのどうでもいい発見と思っていただければ。

●「内観宇宙死者のゆりかご」
紫煉ニキ作曲の気持ちいい疾走感のある曲。
タイトルは・・・すごい混沌としてるし、これどういう風に考えたらええんやろ?
まぁそれも誰かに任せるとして、歌詞はなんか宇宙を彷彿させるような言葉が多いのは確かです。
アストロロジーとかエヌマ・アヌ・エンリルとかバビロニアとか占星術とか、ありますよね何かそれっぽい独特の世界観というか。
世界史ちゃんと勉強し直しておけばよかったなぁ。
 GMzi0DDe.jpg 

特典のブロマイドは、ゲーマーズのを選びました!
V_WIYeZ2.jpg