Schwarz's Diary
神戸の薬学生の日記。月に1回以上は書くように心がけています。 その日あった事やら趣味等色んな事を書いています。閲覧して頂くだけで結構です。コメントくださると嬉しいです。
研究室生活において、特に仲の深くなった仲間は、もう「友人」と呼んでも良いのだろうか
今日、祖母が長年経営しているお好み焼き店に、私の研究室仲間であるK君(仮名)とT君(仮名)がやって来ました。
以前、大学から一緒に帰る時に自分の祖母がお好み焼き店を経営している内容の話をT君にした所、「行ってみたいなぁ」と発言したのがきっかけで、それが他の仲間へと伝わり今日に至るという事でございます。
始めはその2人と別の仲間の女子2人の計4人が来る予定だったのですが、残念ながら予定が合わなかったため、結局は2人しか来ませんでした。
しかし、自分にとっては来てくれただけでもとても嬉しかったです。
実は、私が知り合いを祖母の店に連れてくるというのは初めての出来事で、ワクワクとドキドキが混じっていたのですが、いざ2人が来るとその緊張も解けいつもの楽しい感じの空気になりました。

2人と知り合ってから、まだ丁度1年しか経っていませんが、一緒に居た期間が多いせいか、長い付き合いの友人と一緒の感覚で居られるというか・・・。
どのように説明すればいいのか、要するに一緒に居ると凄い楽になるというか変に気を使わなくても良いというか、まぁ所謂親友のような関係になっている・・・?。
兎に角、それほど仲が深まったという事です!

まとめ
⇒・今日は祖母店に研究室仲間がやってきた。
 ・色々喋っていてとても楽しい時間だった。
 ・もう、研究室仲間というか研究室友達という関係で締めくくってええやんな? 良いよ。(自問自答)
スポンサーサイト
今年も妖精充
個人的ニュース。
5月31日(水)に妖精の新譜(ニューシングル)がリリースされるという事を知って、ワイ歓喜。
そして、更に、6月に第九回公式式典ツアーが東名阪で開催される予定という情報も知って更に歓喜。

その新譜についてですが、オリジナルのシングルと言いますか、妖精帝國は一応「アニソン」メタルバンドなので、大抵アニメのタイアップ曲を担当する事になりリリースする事が多いのですが、2017年度春アニメの主題歌のリストを調べてもそれらしいものは見当たりませんでした。
という事は、アニメのタイアップ曲とは関係のないシングルって事なのかな?
もしかしたらゲームの主題歌である可能性も捨てきれないが。

何せ今年は終身独裁官ことゆい皇女率いる妖精帝國第三楽隊が結成されてから20周年というめでたい年なんですよね。
20周年・・・妖精帝國が結成されたのは自分がまだ幼稚園児の時という・・・歴史を感じる。
因みに私は、「霊喰い」という曲で初めて妖精帝國を知ったのでそれからほぼ10年・・・厳密には9年、つまり臣民(=ファン)歴9年になるんですかね。
人生の1/3以上を妖精帝國と共に過ごしている事になります。
自分にとって初めて好きになったロックバンド(現在はゴシックメタルに移行)というのが妖精帝國ですし、様々なアーティストさんが居る中で、ライブという催し物に初めて行ったのも妖精帝國。
人生や価値観において影響された面はかなり大きいです。
特に影響されて、今の生活にも活かされるきっかけとなった曲が「Solitude」という曲。
紫煉さん作曲の、キャッチーなサウンドで爽快感とそれなりにある疾走感のメロディが気持ち良い曲なので、もしこれから聞かれる方が居ればこの曲をオススメします。
孤独にはLonliness(ロンリネス;消極的孤独)とSolitude(ソリチュード;積極的孤独)の2種類があり、独りぼっちで寂しくても、それまでの自分を捨ててSolitudeの如く前向きになる事でうまくやっていけるといった内容が、初めて聞いた当時、自分の心にグサッと刺さり、現在の人格形成にも大きく関係しています。
妖精帝國にハマり初めて何年間かは、自分がイタいというか厨二病的な感じでもう兎に角イタい子でした。
ゆい様の喋り口調に影響されて「~である。」口調でTwitterで呟いていたりだとか、変にカッコつけてたり、そのせいで当時の知り合いに色々と嫌われてしまったり等ともう思い出すだけでうわあああああああってなるし、本当に自分でも嫌になる位の黒歴史な時期でした。
特に、高校生~大学1,2年くらいの間は本当に色々と思い出すだけで寒気がする出来事が詰まっています。
本当にイタい自分でございました。
その間、迷惑をおかけした方々には本当に申し訳なく思ってるし、この出来事があるからこそ自分を見つめ直す事が出来て、今の自分があると言っても過言ではないくらいです。
なんかちょっと深刻な方に話のベクトルが傾いてしまいましたが、昔はこんな自分もあったんだという事を忘れないでここに書いておこうと思います。

兎に角、今年は妖精帝國20周年という事でまだ企画が色々とあるかもしれないので続報を待とうと思います。
後輩となる新4回生が入ってきた
うちの大学の薬学部は、毎年この時期になると、各研究室への配属会が行われそれぞれ希望した分野の研究室に配属され、研究室活動を送っていくことになります。
という事で、後輩となる新4年生の人たちが入ってきました。

今年から、成績が上位1/3の人が先に研究室配属の決定権を貰えるようになったらしく、既に4人の子が早めに配属が決まりうちの研究室に入って、緊張しながらも座っていました。
うちの研究室は定員が13人とかなり多い方です。
既に埋まっているその4人の枠を差し引いて、残り9人の枠で成績下位2/3の人達が話し合いやらジャンケンで決めなければならなくて、それでも17人も希望者がいるという、十数種類と選べる研究室がある中でも2倍近くと高い競争率でした。

研究室行事の幹事を務める役割を担っている私たち新5年生は、新4回生の人達の説明役として全員来るようにと言われていたのですが、半分以上が欠席という・・・もちろん私は出席しましたが、新入生の配属を祝おうなんてこれっぽっちも思ってないでしょ多分・・・。
まぁ、このグダグダ感が自分にとって心地良いのかもしれませんが、ただでさえマイペースな私よりもマイペース過ぎるというかね・・・、絶対家におるやろ。
この日に限った事ではなく、花見やバーベキューパーティの時とかもそうでした。
研究室生活3年間あるから、今年行かなくても来年行けば良いのかもしれませんが、余程の理由が無い限り休まずに出席して皆とコミュニケーションとって楽しむ方が圧倒的に充実してると思うんですがね・・・。

そんなわけで、これから参加必須行事を事前連絡無しに欠席・遅刻した場合、数百円徴収(部費として貯蓄される)という地味に嫌な罰則が設けられました。
だって、そうでもしないと来ませんからね。

そして、夕方頃に残りの新4年生となる子達が入ってきたのですが、十人十色と言いますか、やはり色んな子が居ました・・・。
メガネを掛けたインテリ系男子から気の弱そうな子、パリピでウェーイっぽそうなヤツ、髪の毛がっつり染めてるギャルっぽい感じの女子等・・・あまりお関わりしたくなさそうなっていうと失礼かもしれませんが、自分が想像してたのとちょっと違うというか・・・。
黒髪長髪で清楚で落ち着いた雰囲気の女の子が入って来てくれればいいなと思っていたんですが、流石に理想が高すぎました。
といっても、新4年生はこれから忙しい学内実習がまた始まるのでどうせ黒髪に戻さないといけないんですがね。
同学年のメンバーでそういった女子がいるので、個人的にはその人の存在で癒されている部分は多少あります。
別に、その人に対して恋愛感情とか抱いているわけではないです。
3年までの実習と違って、爪の長さから髪の毛まで身なりに関して色々と結構厳しくなってるので全員黒髪に戻していくことでしょう。
13人も居るので、全員の名前と顔を覚えるの大変かもしれませんが、研究室活動を通じてこれからまた、覚えていこうと思います。
研究室入ってから、誰とでも気兼ねなく話せるようになったし、まぁなんとかなるっしょ。

Twitterで呟くほどの事じゃないが、呟いておきたい呟き
今日で、従兄が帰ってしまってから丁度1週間経過。
あれだけ帰ってしまうのが寂しいと、前の記事にも書いていたのですが、実際2日も経てばそのような感情は無くなり、来る前の状態へと戻りました。
というわけで3月入ってから一週間経ったわけですが、兎に角、暇!
成績発表も終わって進級も決まって、卒論のテーマ決めと担任教授・助教による点検も一通り終わり、今月の予定は、研究室配属の新入生歓迎会・追い出しコンパ・実務実習ガイダンスぐらいしかありません。
バイトらしい事も一応やってますが、それは予定には入れないことにして。暇です。

研究室の同期の仲間(♂)が実習無い期間利用して自動車教習所行って免許取るわって言ってたけど、まだ取って無かったんかい・・・!
特に、3月4月とか技能教習は一番混むであろう時期だし、やっぱり早いうちに免許取っておいて良かったなぁと思います。
今年、もう自分は免許更新しなければならない時期だし。それくらいにはちょうど良いよね。
ドライブも今年度あまりしてませんでしたが、最近一人でマクドのドライブスルーで注文して買う目的で運転練習したり、とにかく感覚が鈍らないようにしてます。

スケジュール考えたら取れんことも無いのかなっていう位には時間的に余裕がありますが、ゼミとかやっぱり今年度も絡んでくるんで意外と忙しいかもしれないですね。
余りにも暇すぎるのも逆に自分をダメにしてしまいそうなので、友人とのお出かけや食事の約束などで成るべく、予定を作ろうと考えています。
特に友人とのお出かけなんかは、自分の近況等も話せますし、これから実務実習を受けていく上で人とコミュニケーションを取るという面では良いですもんね。
何気ない話題から会話をする力が鍛えられるので、私みたいなあまり積極的でない人間に対してなんか尚更必要というか・・・大事ですから。

そういえば、三宮のセンタープラザ、移転する前のメロンブックスが元々あった所(最近までテナント募集していた)に「アニメガ」という新しいアニメグッズ関連ショップ的な店が開店していました。
中までじっくり見なかったので、新しい店できたんだー的な認識でそのまま通り過ぎてしまったのですが、また友人とお出かけ約束したついでにでも行ってみようかなと考えております。
アニメイトやメロンブックスとそれほど相違ない感じの店だとは思いますが、調べてみたらプリズムストーン・プリパラショップが中にあるそうで、プリパラ関連のショップがこんな近くに出来るとは思わんかったなぁ、是非今度行ってみよう。
プリパラここ何ヶ月も全然見れてなくて、ブルーレイに撮り溜めしてるので30話近くあって、新キャラもまた出てきてるそうで、のんが実はプリパラやってましたとかちりちゃんが出てきた話くらいまでしか見れてないので完全に置いてけぼり食らってる・・・しかも、今新作映画公開してるみたいだし、上映が終わってしまう前にアニメに追いついてまた観に行かなければ・・・。
C4NxrS4VUAAVEel.jpg

これから5年生・・・
もう後1ヶ月もすれば薬学部5年生・・・大学受験勉強に勤しんでいた時からもう5年(3年次で一度留年しているので)も経つんですね・・・何度も書いてる気がするが月日が経つのは20代過ぎてから凄い早く感じるんだよなぁ。
やっと3月に入ったばかりですが、学年終わりが月末までなので4年生でいられる期間は後28日間しかありません。
それにこれも前の記事で書きましたが、後10日強で後輩となる下級生もうちの研究室に配属される・・・。研究室に配属される時とはまた違った緊張感があります。
1年上の先輩として、先輩らしい振る舞いができるのか・・・って表現するとちょっと変かも知れないような気がしますが、まぁ「先輩としてちゃんとやっていく事はできるのか」という事ですね。
5年生は薬学共用試験の勉強やらで忙しい4年生や国家試験の勉強やらで忙しい6年生よりは比較的時間の余裕があります。
従って、飲み会やコンパ等の幹事は必然的に5年生が担当しなければならないのが、うちの研究室のルールとなっています。
幸い、人数が多い為にほかの人数の少ない研究室よりは1つの行事の幹事としての役割の負担度は低いのでまだそこが救い(?)なのかなと思います。
5年生の研究室生活においては、一応これが自分の目標課題の1つ。

そして、5年生の実務実習についてですが、病院に加え薬局の実習期間も決まり、昨日大学から説明がありました。
とりあえず書いておくと、病院が4期制の2期で薬局が3期制の3期です。
(4期制というのは1年が大きく4つの期に分かれていてその中の・・・という事ですね。3期制も同様)
そのために、新年度(2017年度)が始まってから数ヶ月間は実習がありません。
先に病院の実習があるのですが、2期というのは大体7月下旬くらいから始まるので。
実習が無いからといって、ずっとぐうたらしてていいという訳じゃなく、近年我が大学の薬剤師国家試験の合格率が低下の傾向にあるので、全国平均を下回っては学校全体の名声から色々と危なくなると教授会から、「プレテスト」という薬剤師国家試験出題範囲に準じたまとめのテストを1年間のうち3回実施する、という風にガイダンスで伝えられました。
その「プレテスト」なのですが、これがまたややこしい存在で、6年次の薬学総合科目としての成績に25%くらい加味されます。
つまり、「プレテスト」の成績が少なからず6年次の卒業に影響してしまうという事になります。
えぐい事するなぁ、と思いますがそれもこれも学校のためであり自分達のためでもあるような気がします。
時間的余裕も多いですし、時間があるなら勉強しろっつー事であり、当然の措置と言わざるを得ない。
うちの研究室(大抵どこの薬学部の研究室も同じだと思いますが)は、実験組と演習組の2つに大きく分かれており、実験組は自分が考えたテーマで実験をして得られたデータを元に卒論を書く、演習組は自分が考えたテーマで様々な論文を参考にしながら纏めて新たな観点を見い出し卒論を書くというような事をやっており、一応、私は後者に属していて、その組の中でも誰よりも一番早い段階で進んでいます。
面倒な事はさっさと進めて終わらせるに限るという、どこから生まれたのか分からない謎の精神があり、卒論の細かいテーマも早い段階で決め、こういった内容で書いていくという卒論作成前のPowerPointで作成した資料も既に担任教授に提出し、今から論文ノートを作っていく段階に入っています。
特にノートを作れと言われたわけじゃありませんが、ノートを作っていれば卒論作る時になんぼか役立つアイテムになりそうだなと思い、作ってみようという風に考えています。
自分でも「変に真面目」って思うくらいですが、これから5年生になるのでそういった意気込みでやっていかなければ実習生活やっていけないような気がして。

4月が過ぎ5年生になってから、実務実習がある日には『実務実習活動日誌』という形でタグ付けして記事を書いていき、時間があれば今日はこういう事があったとか、経験した事等も感想も書いて記録して、自分が振り返る時の資料にしようと考えています(って普通の日記形式のブログと変わらないじゃねーか)ので、これからもちょこちょこブログは書いていこうかなと思ってます。

いずれ自分たちの後を追う後輩の為にも、少し参考にしてもらえるような記事を書いていきたいので、頑張ります。